ブログトップ

ここも、ぼちぼち行きましょ

mooks.exblog.jp

お月見

●「お月見」といえば、「中秋の名月」ですよね。丸いお月様を見ながら、
お団子を食べる、「日本人の心」を実感する瞬間ではないでしょうか?
しかし、実は「中秋の名月」はまん丸の満月とは限らないことを、皆さんは
ご存知でしたか?

●「お月見」は旧暦の8月15日に月を鑑賞する行事ですが、なぜ「中秋の
名月」と言うのでしょうか?
旧暦では7~9月が秋となっており、7月を孟秋(孟は「はじめ」の意味)、
8月を仲秋、9月を季秋(季は「末」の意味)と呼びました。そして8月15日は
8月(仲秋)の真ん中で、「中秋」となったのです。すなわち、「中秋」とは
旧暦の8月15日だけを指しているのです。

●「お月見」のルーツはなんでしょうか?
実は「お月見」のルーツはよくわかっていません。最近の研究によると、
中国各地では月見の日にサトイモを食べることから、もともとはサトイモの
収穫祭であったという説が有力です。そして、この行事が平安時代に遣唐使
によって日本に伝えられ、日本では夏の作物の収穫後稲刈りをするまでの
手のあく時期と重なるため、稲の豊作を祈る祭りを行ったことが始まりと
言われております。なお、「お月見」の日本で最初の記録は、909年の
醍醐天皇の記録です。

●「中秋の名月」の日は毎年ちがいますよね。これは、どうしてでしょう?
「中秋」は旧暦の8月15日ですが、旧暦は月の満ち欠けで日付を決め、
新月となる日をその月の1日としますので、現在の暦とはその仕組み
が全く異なり、両者の日付は関連がありません。このため、毎年「中秋」
の日がちがうことになるのです。

●「中秋の名月」は必ずしも満月とは限らないことをご存知ですか?
前述の通り、「中秋」は旧暦8月の新月の日の14日後に当たる8月15日
な訳ですが、月と地球の公転軌道の関係で新月から満月までの日数は
14日とは限りません。このため、「中秋」と満月の日がズレることが
あるのです。

●ちなみに「中秋の名月」と満月の関係は下記の通りとなります。

年 中秋の名月  満月
2007年  9月25日  9月27日
2008年  9月14日  9月15日
2009年 10月 3日 10月 4日
2010年  9月22日  9月23日

●最後に「中秋の名月」と「仏滅」の関係をご紹介します。
実は、「中秋の名月」は必ず「仏滅」になります。これは、旧暦の8月1日
が六曜の「友引」と決まっており、そこから「先負」「仏滅」「大案」「赤口」
「先勝」の順番となっていくため、8月15日は必ず仏滅になる訳です。
せっかくの「お月見」なのに、少し残念な気がしますね。
[PR]
by mooksM | 2007-09-05 06:30 | 雑談
<< 衣替え F1 >>