ブログトップ

ここも、ぼちぼち行きましょ

mooks.exblog.jp

<   2007年 12月 ( 1 )   > この月の画像一覧

十二支になぜ猫はいない?

●十二支とは、もともとは十二年で天を一周する木星の年ごとの位
置を示すために十二分した天を表す、古代中国の天文学での数詞
(「1、2、3…」や「a,b,c…」のようなもの)だったと言われてい
ます。つまり、木星が申の天宮(区画)にある年なら申年、という
わけです。つまり十二支の一回りとは、木星が軌道を一周する期間
を意味していることになります。いつ頃成立したのかは定かではな
いものの、殷代には既に使用されていたと言われています。日本に
伝わったのは六世紀半ば頃ですが、江戸時代には民衆の間にしっか
り浸透しました。

●十二支を表す漢字は「子、丑、寅、卯、辰、巳、午、未、申、酉、
戌、亥」と表し、「鼠、牛、虎、兎、竜、蛇、馬、羊、猿、鶏、犬、
猪」ではありません。例えば"子"は"ネ"とも"ネズミ"とも読めませ
んし、そんな意味もないのに、どうしてそれらの漢字が当てはめら
れているのでしょうか?実は「子、丑、寅……」の方がオリジナル
であり、「鼠、牛、虎……」の動物は、それに後から当てはめられ
ただけのものなのです。

●では一体どうして、これらの動物が十二支に当てはめられるよう
になったのかというと、初めて十二類(十二支獣)が文献に現れる
のは後漢の『論衡』だそうで、一般に、作者の王充[おういつ]が
民衆に十二支を浸透させるべく、抽象的な数詞を覚えやすく馴染み
易い動物に替えたものなのだろう、と言われています。当時の民衆
に馴染み深く人気のある動物をセレクトしたのでしょうが、なぜ想
像上の竜までもが入っているのに、馬や犬同様馴染み深い猫が入っ
ていないのでしょうか?

●その答えはこの民話が証明しているように思われます。
昔々の大昔のある年の暮れのこと、神様が動物たちにお触れを出し
ました。『元日の朝、新年の挨拶に一番早く来た者から十二番目の
者までは、順にそれぞれ一年の間、動物の大将にしてやろう』と。
動物たちは、一番になるため、めいめいが気張って元日が来るのを
待っていました。ところが猫は、神様のところにいつ行くのか忘れ
てしまい、ねずみに訊くと、ねずみはいじわるをしてわざと一日遅
れの日を教えました。猫はねずみが言うのを真に受けて、喜んで帰
りました。さて、元日になると、牛は「自分は歩くのが遅いから、
一足早く出かけよう」と夜のうちから支度をし、まだ暗いのに出発
しました。牛小屋の天井でこれを見ていたねずみは、牛の背中に飛
び乗りました。そんなこととは知らず、牛が神様の御殿に着き、近
付いてみると、まだ誰も来ていませんでした。我こそ一番と喜んで
待つうちに門が開き、そのとたんに牛の背中からねずみが飛び降り、
ちょろちょろっと走って一番になってしまいました。それで牛は二
番、それから虎、兎、龍、蛇、馬、羊、猿、 鶏、犬、猪の順で着
きました。猫は一日遅れで行ったものだから当然仲間には入れませ
んでした。それで猫はねずみを恨んで、今でもねずみを追い回すの
だそうです。単に後漢の頃は猫がポピュラーでなかったとか、王充
が猫嫌いだったかもしれないという夢のない説もあるようですが。

●これは福島県の民話ですが、類話は日本全国に伝わっており、他
に遅れてきた猫が神様に「顔を洗って出直して来い」と怒られて、
以来猫が顔を洗うようになったとか、猫がお釈迦様の薬を取りに行
ったねずみを食べてしまったために十二支に入れてもらえなかった
などというものもあります。この類話は中国、朝鮮半島、モンゴル、
中央アジア、ロシア周辺にも伝わっており、殆どのものが「猫とね
ずみが敵対することになった由来」か「ねずみが牛にくっついてい
って一番になった」ことを語る話だそうです。
[PR]
by mooksM | 2007-12-13 06:50 | 雑談