「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

ここも、ぼちぼち行きましょ

mooks.exblog.jp

<   2008年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

アコギ ボディ形状

OOO(トリプルオー)タイプ
スモールサイズ。
クリアな音色が特徴であり、ボディサイズが小さめであること、ネックのスケールがミディアムであり、弦のテンション(張力)が弱いことから、小柄な人や女性にとって弾きやすい。
OOOのボディにドレッドノートのロングスケール・ネックを組み合わせた、OMモデルもある。


ドレッド・ノート タイプ
ミディアム・サイズ。
一般的なアコースティックギターというと、このサイズのことを指す。
リードプレイ、バッキングプレイの両方にマッチする。
マーティンのギターのうち、頭がDで始まるモデルに採用されているボディ形状のこと。大きく、厚さがあり、腰のくびれが浅いのが特徴。これにより豊かな音量が得られる。

開発された当時はマーティンのラインナップの中でも(それまで最も大きなサイズだったOOO[トリプルオー]を超えて)最大のサイズだったが、その後、多くのブランドがこのタイプのボディを採用したことで、現在ではスティール弦フラットトップアコースティックギターにおけるスタンダードなボディ形状のひとつとなっている。

dreadnoughtという名前はイギリス海軍の大型戦艦に由来する。



ジャンボ・タイプ
ラージ・タイプ。
大型ボディならではの低音域が特徴で、ストローク・プレイ(ジャカジャカとギターをかき鳴らす奏法)に威力を発揮するタイプ。

通常はギブソンのラウンドショルダージャンボ、スーパージャンボ(ナローウエストジャンボ)、スクエアショルダージャンボなどを指すが、それらとボディ形状が異なっていても、単にサイズが大きいギターを「ジャンボ」と呼ぶことがある。

なお、ギブソンのラウンドショルダージャンボとは、J-35、J-45、アドバンスドジャンボ、サザンジャンボなどのことで、スーパージャンボはSJ-200やエヴァリー・ブラザーズ(J-180)などのこと、スクエアショルダージャンボはハミングバードやダヴなどのこと。
[PR]
by mooksM | 2008-10-24 09:05 | ギター

ハロウィンって何?」

●ハロウィンとは、万聖節(11月1日)の前夜祭にあたる行事のことで、10
月31日に行われる英国圏の伝統行事です。万聖節=“All Saints' Day
(Hallowmas)”のイヴの日なので“All Hallow Eve”から“Halloween”になった
と言われています。アメリカでは、公式な祭日ではないものの、クリスマス
に次ぐフェスティバルとなり、イベント好きなアメリカ人の半数がお祝いを
するそうです。ちなみにクリスマスは8割だそうです。

●ハロウィンの起源は古代ケルトにさかのぼります。古代ケルト民族の1
年の終わりは10月31日と定められ、この夜には死者の霊が親族を訪ね
たり、悪霊が降りて作物を荒らすと信じられていました。そこから、秋の
収穫を祝い悪霊を追い出すお祭りが行われるようになり、キリスト教に取
り入れられて、現在のハロウィンの行事になりました。日本の行事にあて
はめると、お盆のようなものですね。

●ハロウィンの日は、子供たちは思い思いの魔女やお化けに仮装し、近
くの家を1軒ずつ訪ね歩きます。子供達から「トリック・オア・トリート(Trick
or treat. お菓子をくれなきゃいたずらするぞ)」と言われたら、「ハッピィー
・ハロウィン!(Happy Halloween!)」と応えてお菓子を渡します。家によ
ってはあらかじめお菓子を小分けにして用意しておくとのこと。

●ハロウィンと聞いて真っ先に思い出すであろうこの仮装は、家のまわり
を徘徊する悪霊たちが、その姿を見て驚いて逃げていくようにするためだ
ったとか。それは、この世に戻ってくる魂は悪い霊で、この悪い霊たちは
生きている人にいたずらをしたり、悪運をもたらすと信じられていたから
です。それらを遠ざけるために、子供達に変装させて歩かせるようになっ
たとも言われています。

●ハロウィンのテーマは不気味なものや怖ろしいもので、死、黒魔術や
神話の怪物など。幽霊、魔女、コウモリ、黒猫、ゴブリン、バンシー、ゾン
ビ、魔神、それにドラキュラやフランケンシュタインの怪物のような文学作
品上の登場人物も含まれます。ハロウィン前後の時期には、これらのシ
ンボルで家を飾ります。

●ハロウィンのキャラクターと言えば、「ジャック・オー・ランタン」というオレ
ンジ色のかぼちゃのちょうちんが象徴的ですね。かぼちゃに恐ろしい顔を
刻み、その中にろうそくを入れて家の前に置いておくそうです。これは、死
者の霊を導いたり、悪霊を追い払ったりするための焚き火に由来すると
いわれ、悪い霊を脅して追い払ってくれると信じられていました。この点も、
お盆の「迎え火」や 「送り火」に似ていますね。昔のアイルランドでは、白
色のカブや他の植物をくりぬいていましたが、アメリカにわたって、刻みや
すいカボチャに出会って今に至っているというわけです。

●ではなぜこのちょうちんに“ジャック”という人の名前がつくようになった
のでしょうか。その由来にはいろいろな説がありますが、一番有名なもの
として「けちんぼジャック」と呼ばれる男が悪魔を騙したという話がありま
す。ジャックは死んだ後、地獄の門にたどり着いたのですが、悪魔との取
引のため地獄に落ちることもできず、明かりをともしたカブを持たされて
暗い道を歩き続けることになったということから、「ジャック・オー・ランタン
(ちょうちんのジャック)」と呼ばれるようになったそうです。
[PR]
by mooksM | 2008-10-20 13:10 | 雑談

いやはやなんとも

素晴らしく濃い皆様と戯れています
http://blog.seesaa.jp/tb/108247431

More
[PR]
by mooksM | 2008-10-19 00:54 | ギター

桜咲く頃



うぅ、涙腺が・・・・

こんなに綺麗に弾いて、画像の編集まで・・・・
[PR]
by mooksM | 2008-10-02 21:02 | 押尾コータロー

宝くじも買わなきゃ当たらない

ん、でも買っても当たらないしな(笑)
[PR]
by mooksM | 2008-10-01 20:38 | 雑談